教えてマチコさん、数秘スタイリングとは何ですか?

my Style


Suuhi styling ナビゲーター / 数秘7

さとうまちこ

美容家歴 : 22年

好きなこと:カフェに行くこと / ボクササイズをすること

興味学び :神道について学ぶこと / 物事の「成り立ち」を知ること / 住まいを整えること


「服」が苦手だった私からあなたへ。

「スタイリングの本当の意味」を知れば、

服を着ることが、もっとたのしくなる。そんなお話。

わたしの体験談ですが、読んでもらえたら嬉しいです。

____________________________________

物心ついた頃、「センスがいいな」という子、周りにいませんでしたか?

私は幼い頃から、センスがいい子に憧れに近い気持ちを持ちながら、

私自身はあまり服に興味を持てずに、センスの磨き方もいまいちわからず大人になりました。

そんな私は「美容」の方に夢中になりました。

15歳から働いていましたが、稼いだお金のほとんどは化粧品とエステに消え(笑)つまり、服に使うお金は最小限になってしまうわけで・・・

いかに少ない予算で小綺麗に見せるか(笑)というマイルールはあったけれど、それはオシャレに見せるという視点とはちょっと違っていたと・・・今なら思います。

私はちょっと変わった人生を送っていて(いわゆる波乱万丈?笑)個人で化粧品販売をした後、エステテシャンになり、その後美容サロンのコンサルティングを行って・・・その後法人化して一般企業のコンサルティングを行うようなお仕事をしてきました。

自分の中でのお仕事の「軸」はひとつで、やっていることの本質はどれも同じなのですが、結果的に様々の「業界」とお付き合いすることになり、その時々「向き合う相手」が違うことで様々なタイプの方と出会うことができました。

その中で、私は自然と「向き合う相手に合わせたファッション」をすることを心がけてきました。

それは、仕事以前にまず「自分自身を信頼してもらわないとスタートしない」からで、それにはまず「相手が安心するファッション」をするべきだと、本能的に感じたからだと思います。

仕事相手によって格好が変わる私を見た知人からは「カメレオンみたい(笑)」と言われるくらい、七変化することが得意になりました。

そんな折、ファッションスタイリング協会が作った「スタイリングマップ」という理論を知り、なぜ自分が「いろいろな自分の形」を作ることができるのかを言葉で説明できることを知りました。

「スタイリングマップ」を知ったことで、自分が感覚的にやっていたことを言葉で説明することができることにより、他の方にもスタイリングの説明や解説ができるようになり、もともと行っていた「接客研修」の先にアパレル企業とのお付き合いをさせていただく機会にも恵まれました。

もともと服に興味のない自分が、服好きの方達に教えるということはある意味恐怖でしたが・・・感性豊かな受講生の皆さまおかげで改めて

「形(外見)作りの楽しさ」を、実感しました。

そこで、コーディネートとスタイリングの違いも知りました。

コーディネートは「物と物」との組み合わせだけど、スタイリングは「物と人」との組み合わせで、そのマッチングが「似合う」ということ。

つまり主役は「人」なんだということ。

人には、「役割」に応じたいろいろな顔があると思います。

でも「根っこの自分」はひとつ。

自分の中の「いろいろな顔」と「根っこの自分」

生きる時間が増えていくと、いろいろな顔が増えてくると思います。

どれがほんとに自分なの?と、疲れてしまうことも、大人になるとたしかにあるような・・・。

でも「いろいろな顔」を「どうやって表現しようかなー」と、楽しめれば、毎日の装いやメイクも、楽しくなります。

たとえば子供に、クレヨンだけでなく、色鉛筆や絵の具も渡してあげると

「やったー!いっぱい描ける!」と喜びます。

そういえば、わたしたちはみんな昔、子供でした(笑)。

昔できたように、今も素直になればいいと思うのです。

いろいろある、を愉しく。素直に。

とはいえ、大人が楽しむためには「軸」があると楽です。

その「軸」を、シンプルな統計学である数秘を使っていくことで、「いろいろを楽しむ」の基礎を作るのが、数秘スタイリングです。

服をどう着るかがわかってくると、自分のことも知ることができます。自分のことを知れば、自分をどう喜ばせた良いのか、どう動かしたよいのかもわかってきます。

形が変われば、心が変わる。だから、

考え方より、形を変える。

その方が、人生ずっと愉しく上手くいくのです。

服が苦手な人でも大丈夫(私がそうだったから)。

毎日悩む洋服のコーディネート課題を、

スタイリング = 自分を表現すること

スタイリング = 自分の人生を愉しく生きること

にしていく。

子供のように素直に、今を愉しく、

人生を愉しく生きたいと願うすべての女性に。

人生を楽しむアイテムをお伝えしたいと思ってこのサービスをはじめました。

まずは自分に興味を持って、このサイトの情報を使って自分を分析してみて、いろいろな発見をしてもらえたら嬉しく思います。



<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。