2020年・開運メイク〜眉の色

2020年。令和2年。

とても「2」が多いですね。

それはそのまま、この年の運気を表します。

「2」は女性性の数字ですが、キーワードとして「分裂・分断」というのもあります。

また「22」と並んでいることで、「大波乱」のキーワードも含む。

きっと大変な年だろうと予測はしていましたが・・・

新型コロナウィルスの流行、オリンピックの延期などなど。

たしかに大波乱な一年の真っ最中です。

ここでひとつ注目すべきことは「大波乱」というワード。

おそらく多くの方がこの言葉に「まぁ大変!」という、、、どちらかというとマイナスイメージを持たれると思いますが、

実は「大波乱」は、マイナスなことではありません。

文字を読み解けば分かりますが「大きな波で乱れる」ということであり、どこにも「悪」の文字はありません。

多くの言葉をわたしたちは、「なんとなく」「マイナスイメージ」で受け取っていることがあります。

「波」という言葉は、良い時も使いますよね。

「大きな波に乗って行こう!」など。

つまり、波はわたしたちをより自分の力以上に運んでくれるものであり、それに

乗れるということが大事なことなのです。

もうひとつ「乱れる」という言葉については、

大きな波(事実)がきて、乱れる(最初の結果)ということではありますが、

乱れるからこそ、整えることができます。

人という生き物は、「なにか」がないと、現状維持をしようとする脳を持っています。それは本能だから変わりようがありません。

でも「なにか」があると、「動かざるえない」ということになります。

だから、乱れることは「最初の結果」ではありますが、そこから「どう動くか。どう整えるのか」というチャンスも同時に頂いています。

だから、「大きな波がきて乱れる」年というのは、実は「そこから何を作っていくのか」ということが明らかになる重要な年でもあるのです。

そんな流れにさらに乗って行くのに、メイクは重要です。

今年のおすすめは「眉」にピンクを仕込むこと。

筆でふわっとピンクを仕込むと、アイメイクをせずともそれだけで顔が華やぎます。

「顔が華やぐ」

つまりそれは、印象ということでもありますが、

印象を上げること。

これが開運メイクで大事なことです。

今はアイブロウパウダーも豊富で、プチプラのアイブロウパウダーにもピンクが入っていることがあります。

ピンクをそのまま使うと肌から浮いてしまうので、まずは眉の形のベースを作ってから、うすいベージュとピンクをまぜてのせてみるとよいでしょう。

特に今の時期は、マスクをしていることが多いですよね。

口元で華やぐことができない分、眉を明るい色にして美しい形に整えましょう。

自分にかけた手間は、すべて自分に還ってきます。

楽しんで、開運メイクを取り入れたいですね^^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。