2021年,開運肌は「軽く」がポイント。

久しぶりの更新となってしまいましたが・・・今年は真月数秘メイクを行ってくださるお客様が多くて嬉しい日々です♩

メイクレッスンをしていて改めて思ったのは、みなさまがお肌に付けられるファンデの量・・・多いと感じます。

今は下地が優秀なので、下地で「質感」と「色」をある程度整えたら、ファンデはごく薄く・・・が美肌に見えるポイントですが、下地でコントロールせずファンデだけでなんとかしようということになると、無意識的に多く使ってしまうのでしょうか。。。美肌は「隠す」より「透けるくらい」が綺麗に見えます。

そして実際、運気に乗っている方のお肌は透けるように輝いています。

ちょうど来月くらいから今年の運気「大きな変化」がみえてくるときなので、今回は運気を作る美肌術を書いていきます♩

レッスンで20代前半の方とお話しすることが多いのですが、若い方が使われているファンデは

「リキッド」か「クッションファンデ」が多いようです。

「パウダリーはおばさんが使っている印象」だとか。

なるほど・・・わかる気もします。

パウダリーって、カバー力が高いのはよいのですが、たしかに厚ぼったくなりがちですよね。

でもでも、今のパウダリーは「ツヤ仕込み」の粒子を使っていますので、若い方たち(笑)がおっしゃるように「おばさんが使う」だけのものには仕上がっていません。

今期は特に、マスクメイクが続くということで・・・各社「マスクにつきにくいパウダー」を出されています。

パウダリーの良さは「パパッと」付けられるところだと思います。

それで、ツヤが出てマスクにつきにくければ良いですよね。

今期のパウダリーも、たしかにツヤが出て綺麗な仕上がりなのですが、

付属のスポンジでつけると、やっぱりちょっとコンサバになりがちです(=カバー力が高い)。

おすすめの付け方は、断然ブラシでつけること。

カブキブラシと呼ばれる、大きなブラシでつけると「軽く」つきます。

*いわゆる「ファンデーションブラシ」と呼ばれて売られているものは、ちいさめで毛が密集しているので、けっこう濃くつきすぎてしまいます。カバーしたい方はそれでよいのですが・・・下地まででお肌を整えられた方は、大きなブラシでサッとつけるとツヤ感が圧倒的にでます。

いちばんカバーしたい目の下と頬のところを一番につけて、あとはサーっと。

そして、なにもついていないブラシでくるくると肌を磨きましょう。

この「磨く」ことが開運ポイントです。

やりっぱなしではなく、一手間かける。

今年は「軽やかな肌」が運気をつかみます。

精神も同じく、ごまかしたり重い気分では運気が下がってしまいます。

とはいえ、精神は自分では見えづらいもの。

だから「目に見える肌」をしっかりと向き合っていきましょう。

もちろんパウダリーは使いにくいという方は、もちろんリキッドタイプも「薄く綺麗に」つくものが豊富にでているのでおすすめです。 

手でつけるとしっかりつきすぎてしまうので、スポンジでつけるとナチュラルに仕上がります。

リキッドやクリームでつける方も、仕上げに大きなブラシでの肌磨きを忘れずに。

ともかく、軽やかな肌。透けるような質感の肌がGOOD。

マスクで隠れるからといって手を抜くのは・・・それも自分の姿勢を表しているようなもの。

見える見えないではなく・・・きちんと自分の肌を表現しましょう♩

今年もいろいろな変化がある年です。

だからこそ、軽やかに気分よく、日々を過ごしていくことが大事ですね♩

共に気持ちの良い春を過ごしていきましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。